スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


呼子のイカ

 呼子のイカの話である。
イカ漁にはイカ釣り船が夕方に呼子港を出て翌朝の午前1時ころに帰ってくるという。イカ漁の船は50〜80隻くらいが係留されている。

話によると近年はイカの漁獲が減って船は長崎や福岡との境界まで出ていくとの話である。
周辺で取れたイカもイカの本場である呼子に集まっている。
ホテルやレストランも20〜30店あり、日本各地からイカを食べに来るという。地元では温泉でもあればもっと宿泊客が訪れるのにという声もある。
それで宿泊よりも最近は日帰りが多いという。

またこの地は福岡等周辺からの釣り人も多い。我が家の前では北九州方面からの釣り人を良く見かける。


ところでイカは2種類あるという。
上級のヤリイカはここではケンサキイカ、ブドウイカ(小さいのは赤くブドウ色)とも呼ばれる。やわらかくて特に皮付きが美味しいという。
小型が手間はかかるが刺身に良いという。

もう一種類はスルメイカである。これは別名ガンセキイカ、マツイカ、キンチャンイカとも呼ばれる。
ヤリイカよりやや身が固い。値段はスルメイカの半額であるが食べる人によりスルメイカの方が美味しいという。
要はどちらがいいというわけではなく好き嫌いである。
朝市では取り立てのイカや干物を売っている。

つくづくイカは柔らかいし美味しいと思う。刺身は甘い。
とりわけ本場で食べるイカだけにそう感じるのであろうか。以上聞きかじりでした。




ヤリイカ・・美味しそう。


回転させながらイカを干す


係留中のイカ釣り船

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
時計
ハロー!でつながるみんなのブログ
時計
renshuu
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM