<< india just now 34  I T の町 バンガロールへ | main | 中津南高 S40年卒業 3年2組 4人だけの同窓会 >>

スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


india just now 35 バンガロールの気候と食事対策

 バンガロールに来てここの気候の心地よさはどう表現すべきか、暑いインドでサラサラ感があって何とも快適である。窓を少し開いていると夜中から朝にかけて何とも気持の良い風が部屋に入ってくる。

 
<清閑な町の様子>

標高900メートルと高いのでやや涼しく住むには最高である。しかし、日中ともなると外は日差しは強く暑さは厳しい。

 

インド生活も20日を経過すると旅の疲れも出て栄養バランスの配意が必要となる。

 それで食物の好き嫌いはしないでインド料理もしっかり食べて養分を摂取しなければダウンしてしまう。
 また暑いからと云って水分(コーラ)ばかり摂るのも問題である。

 

私はミカンや砂糖キビ等のジュースを水代わりに飲んで栄養補給に努めたつもりであったがよく下痢をした。氷には生水が、ジュースには増量で水を入れることが多い。それで目の前で生水が入らないように監視し、指摘する必要がある。

 そんなこんなで食べ物、特に水で苦労した。下痢をすると気力はなくなるし、体力は確実に衰えていく。
 それで疲れてくると中華料理屋等で栄養補給した。値段はちょっと張るが、卵やチキン等の入ったスープは胃に優しく元気が出た。

 

それから、いつもバナナ、リンゴ、キュウリや赤い玉ねぎ等を買い込み、それを食べ、かじって食事のバランスに努めた。

 

<中国産のリンゴ 〜 硬くて味は最高、丸かじりした>

疲れて、一番しんどい時に、バンガロールにある日本料理屋に行って昼食をとった。味噌汁の味は今一つであったが出されたものは全部食べて体力を回復した。とにかく人間は食べない事には元気も出ないのである。

 

娘が梅干を1パックバッグの中に入れてくれた。毎日1~2粒食べた。美味しかったし元気が出た。

 

もし、こういった配意をせずに、毎日を過ごしたとしたら「ケンタッキーフライドチキンとコーラ」だけを食べて過ごしたと思う。
 考えただけでもぞっとする。
 
 自分の体は自分が一番わかると云うが健康管理は自分でやるしかない。

 
(了)

スポンサーサイト

  • 2017.04.22 Saturday
  • -
  • 06:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
時計
ハロー!でつながるみんなのブログ
時計
renshuu
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM